#てつがくのドンカラス

それでは皆さん元気よく!不意打ち追い討ち?桜内!得意な技は?タイプ不一致!

大賀美沙知の「カード能力」 考察してみた【102期リンクラ】

 こんにちは。

 

 

#蓮ノ空 2ndカウントダウン企画#Blooming_with_YOU

をさらいんさん(@nanoha1007)と企画します🪷

あなたの蓮ノ空と咲かせたい想いを咲かせませんか?そして、蓮ノ空のミライをこれからも一緒に見ませんか?

詳細はツイプラをご確認ください🙏https://t.co/uexBmbWCE5 pic.twitter.com/9XmowUwTnq

— レタスじろー (@lettucejirosan) 2024年3月12日

 

 

 

 カウントダウン2日目担当の黒鷺です。

 1日目担当のさらいんさんの記事もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 さて、みなさん、リンクラやってますか?

 先日沙知先輩のカードが実装され、そのあまりの性能の高さにみなさんも驚いた事だと思います。

 

 

 リンクラのカードはキャラごとにそれぞれ大まかな役割が割り振られており、それが各々の人格を反映したものとなっていると考えられます。

 

 例えば、花帆は最初はシンプルなアタッカーで、よくある初期の主人公タイプといった感じでしたが、現在ではAP補充やボルテージを一気に上げる役割を担っており、その性能はまさにインフラ。彼女の「ショッピングモールを誘致する」といった目標に少しだけ近い役割を担っています。

 

 

 

 で、現在のリンクラは102期生と103期生が使えて、引退した101期生の沙知は先日実装された1枚のみ。それも、「沙知のカード」ではなく、「102、103期のカード」の特別枠としての実装です。

 でも、もし2022年にリンクラがあったら、その時現役だった沙知のファンレベルを上げたり、沙知のスタイルのカードが使えたことになります。

 

 

 

 

うお~気になる~!

なんなら使ってみてぇ~!!!

 

 という事で、今回は22年度の沙知先輩の能力がどんなものだったのかについて考えてみました。

 

 

 

 

 ちなみに、これは余談なんですけど、カードゲームって格差是正とか新規カードを開発する際の負担軽減(昔のカードと組み合わせて大丈夫かを検証したりとかのために、直近1~3年分ぐらいのカードしか使えないよ~っていうルールが「スタンダード」にされがちです。

 それで年月が経ってスタンダードでカードが使えなくなることを「スタン落ち」って言ったりするんですけど、リンクラだと卒業が実質スタン落ちなのめっちゃ面白いですね。今年度中にいっぱいDEEPNESS撃っときましょうね。

 

スターバースのイカレカードと一緒にスタン落ちするみなさん

 

続きを読む

つよくて かっこいい 

 キャラクターの魅力と、キャラクターを推しになる理由って微妙に違っているものだと思います。

 

 例えば、私のスーパースター!!の推しはきな子で、その魅力は大胆なところだったり、どんな困難にも立ち向かって必死に乗り越えようとする一生懸命さだったり、言葉にならないような感情をあえて言葉にしないことを選択できる感性だったり、出逢いや別れを受け入れて流れるように変わって行くところだったりと色々あるんですけど、同じ要素を持っている子が他シリーズで推しになっているとは限りません。

 

続きを読む

上原歩夢ちゃんと「運命愛」

 今年の歩夢ちゃんの誕生日は何をしていいか分かりませんでした。

 なんだか、去年みたいに「これは書かなきゃ!」とか、「記録に残さなきゃ!」っていう感じでもなく、また自分の「歩夢ちゃんが好きだな」っていう事に関しても、おおぴらにするよりも自分と歩夢ちゃんだけの秘密にしておきたい気持ちが強くて、じゃあいったい何を表現していいのかなと迷っていたら、既に前日の22:30を回っていました。

 

 

 どうしようかなあと去年の3月からの出来事について振り返ってみると、そういえば書いてなかったなという事があって、それがたぶん歩夢ちゃんの誕生日にぴったりなんじゃないかなと思ったので、RTA気味に文字起こししてみようと思います。

続きを読む

鈴原希実はラブライブ!キャストの最高傑作である。

 5thライブを見て感動したので言語化してみました。

 

 

 私のスパスタの推しは桜小路きな子なんですけど、今回のライブでのステージの上での鈴原希実さんの桜小路きな子としての表現が、今までにないレベルでハイレベルなもので、これは後世に記録として残さなきゃ!と思いました。

 

 

  • 弱さの自覚
  • 強気、大胆さ
  • 言葉に依存しないのに言葉が巧み
  • まとめ
続きを読む

タマゴが先か鶏ヶ咲学園 愛に救われた話。

 ひとつの作品は、様々なテーマ同士が複合的に絡み合って出来ていると思います。

 そして、受け取り手にとって、その中のテーマに優先度が付くことはごく当たり前のことだとも思います。

 

 すごく雑に2つに括ってしまうなら、虹ヶ咲のテーマは「あなたと叶える」ことと、「全ての可能性を肯定すること」だと思います。

 そして、そのどちらに重きを置いているかで、受け取り方はだいぶ変化してくると思います。

 

 

続きを読む

歩夢ちゃんへ 私はここにいます。

 足跡が無くなっても、過去そのものは消えないという事は知っていた。

 

 大切な場所がなくなったとしても思い出は消えないもので、ふと振り返った時に辿ってきた道が見えなかったとしても、これまで見てきた景色は鮮明に思い出せる……はずだった。

 

 

 

 思い出が消えないのだという命題そのものはなにも間違ってはいない。理由はシンプルで、それが「思い出」である以上、必然的に記憶に刻まれているからだ。

 

 思い出という言葉は思い出せなくなった過去に対して振り当てられた名詞ではない。消えていないから思い出なのである。

続きを読む